FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > じゃあどうせいっちゅうねん!

    じゃあどうせいっちゅうねん!


    内閣改造して早々、いわゆる『失言』で責められている人がいる。

    江崎沖縄北方担当相(内閣特命大臣)。

    地元の会合で『答弁は立往生より官僚の原稿朗読』とか『北方問題については素人も素人』と発言した事が『無責任な素人大臣』との批判を浴びているらしい。

    これは『しごとにん内閣じゃない!むせきにん内閣だ!』

    って。

    上手いこと言うたつもりかよ、アホ!

    何が問題あるん?

    じゃ中途半端な知識と自身の信念にだけ基づいた答弁や政策実行を求めてんの?

    最初から『沖縄振興』と『北方問題』っつー関連性のない課題を無理やり一まとめにした大臣に対して?

    そんなもん、バリバリやられたらかなんで。

    沖縄問題や北方問題ってのはいわば国防、地域格差、領土問題に関係する国の最重要課題やん。

    特に国境線の確定や現状の国境線の維持ってのは国家としてのあり方そのものに関わる、どの国にあっても一番大事な問題。

    だからこそ一朝一夕には現状の変更はないし、1人の能力云々で短期間でどうなるもんでもない。

    今の現状を考えればどんなに能力がある人が大臣になったとこで急にプーチンと話つけて北方領土が帰ってくるとはないし、沖縄の失業率や基地問題が解決することもないし、尖閣に構造物(レーダーサイト等)を置いて実効支配を強めることもない。

    大臣任期なんて短いしね。

    だからと言ってそれを担当する役所の職員は無くせないし減らせない。

    前述のように国家の最重要課題だから。

    今の段階では官僚による徹底した現状分析、調査、そして事態打開に向けた各省庁や諸外国との調整と政策立案。
    そういうのが大事。

    決して1人の優れたリーダーシップが必要な局面じゃないんよね。
    バックリとした向かう方向ってのは決まってるわけやから。

    だいたいホンマに自体が動きそうな段階ならばこんなテキトーなくくりの大臣にはならん。

    なんで一緒くたやねん、沖縄と北方が。

    じゃ何が必要か?

    そんなもん、出過ぎず謙虚な大臣やんけ。
    スタンドプレーが好きなイケイケ代議士なんかを選んだ日にゃ大変やで(過去に山本一太を選んでるけど、私にすりゃ最悪の人事やと思うw)。

    そういう意味じゃ適任なんよ。

    てかこんな大事な問題、両方詳しい『仕事人』いてるんか?

    マスコミも民進党も文句言うなら『こんな人なら』って具体例あげろよ。

    まぁでも『なんもしてもらわなくてもいい』ってポストを『おじいちゃんへのプレゼント』的にあてがったのは失敗かもしれんけどね。

    実は沖縄北方担当相ってのは歴代ほとんどは兼任なんよね。
    それもソコソコの実力者が歴任してる。

    みんな、今現在できることは少ないってのは分かってるから普段はなんもしてなくても突っ込まれた時に切り返せる能力を持った人をあてがってるからね。

    だから今、この話題で野党やマスコミが攻撃するなら『こんな大臣ポストはいらんやろ!』って事になるんやと思う。

    けどその言い方やと沖縄や北方領土問題を軽視してるみたいに聞こえるしな~。
    厳しいところや。

    ま、こんなとこしか攻め所無いってことは割といい改造内閣とちゃうかなーって思いますわ。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓







    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん