ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ブログの事 > ホントに嘘ばっか書くよな、たけし。

    ホントに嘘ばっか書くよな、たけし。


    借金ブログのたけしがyoutube動画の転載や、そのリンク貼り付けに対して訴えると騒いでいる。

    『本日、法テラスという無料の法律相談を受けれるところに相談しました』とあるが、法テラスでは当日いきなりに相談なんてできない。

    事前に予約し、書類記載の上で相談となる。

    まぁ社会人なら当たり前でしょ。
    その日にいきなり行っていきなり話聞いてくれるほど暇じゃ無いよ、弁護士。

    法テラスのホームページに載ってる電話番号はオペレーターが制度についてや、近くの法律相談を受けれる場所、手続等を案内する為のもので、あれでなんか聞いてくれるわけでは無い。

    さらに法テラス利用には条件がある。

    1.一定以下の収入、資産しかない事。

    2.勝てる見込みがある訴訟である事。

    3.民事法律扶助の趣旨に沿う事。

    たけしの場合、おそらく1に当てはまらない。

    単身世帯で月収18.2万以下だからね。
    おそらく確定申告はしていないのでブログ収入はバレないが(この時点ではね)、派遣の分は誤魔化せない。
    今までの記述から考えるに残業代が結構あって平均月収は20万超えそうやからね。

    ついでに言うとくと確定申告について専門家に相談したって書いてたのも嘘だと思う。
    もし専門家に相談したなら逆に確定申告を勧められるはずやからね。
    バイオプでアホほど損してるんやから、繰越控除が出来るもんね。
    今年分は確実に税金かかるんやから、これを勧めない専門家はいないと思うけどな。

    ともかく、状況的に法テラスを利用して法律相談をしたとは思えない。

    さらに知的財産権や肖像権侵害で刑事告訴はやりにくい。
    基本的に民事案件なので。

    法律相談をしていたなら当然指摘されているはずだが、思いっきり間違いを書いている。

    著作権侵害行為で逮捕にまで至るのは有償著作物をダウンロードしたり提供したりした場合。

    となるとたけしの動画が有償著作物と見れるのかどうか?というところから始める事になるので、こんなアホらしくてめんどくさい案件ではポリは動かない。

    つまり告訴状もって最寄りのポリ所に行ったとこでテキトーにあしらわれるか、挙動不審者として保護されるかのどっちかってとこ。

    ま、弁護士同行でもすりゃ受け取ると思うけどね。

    となると弁護士にとって金になる案件でなければならないわけだが、この件で取れるであろう損害賠償がほとんどないので弁護士も動かない。

    損害賠償ってのは『現状から想像される損害を見積もって賠償させる』ので、こんな事で数百万の賠償なんて判決は100%でない。

    だって本人もほとんど稼げてないのに。

    特に動画なんて再生回数や一回あたりの収益ですぐ計算できるんやから。

    上記、考察したところによると

    たけしの主張はウソ



    出来てせいぜい削除依頼

    って事がわかる。

    だいたい、ブログとyoutube見せて『パクられたんです~泣』て弁護士のとこ行ったら『君も著作物無断で使ってるし、人のオリジナリティを侵害してるよね笑』って言われて終わりやんけw

    アホやな、あいつ。

    まぁ面白いから騒動を見守ろう。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓




    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん