FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > もう『三分の一』か。。。

    もう『三分の一』か。。。


    『三分の一』って言えば、まず頭に浮かぶのは『総量規制』ですよね。

    立派な多重債務者ならばw

    この『三分の一』の恐怖、とてもじゃないが架空では伝わらんわ。

    て、そんな話じゃない。

    てかこんなもん、恐怖なんかじゃない。

    親父が癌宣告を受けたのが7月24日。

    つまり、今日で丸1ヶ月。

    医者の言う『余命3ヶ月』は最悪の想定であって鵜呑みにはしてないつもりではいる。

    が、『最悪の事態』が起こらない保証はない。

    そう考えると今日いっぱいで

    残りの人生の三分の一

    が過ぎたことになる。

    それは取りも直さず、私たち周りの人間にとっては一緒に生きれる時間の三分の一が過ぎたと言うこと。

    そりゃ誰だってこの世に入れる時間には期限がある。

    それは意識してないだけで、生まれたての赤ちゃんでも死にかけの年寄りでも平等に期限はある。

    80で死ぬ新生児の1日は残りの人生の29,200分の1であり、あと3ヶ月で死ぬ年寄の1日は残りの人生の90分の1。

    残り時間に対する1日の割合が相対的に多いだけで、『期限がある』という絶対的な意味合いには変わりない。

    が、やっぱり『命の期限』を突き付けられると考えてしまうよね。

    本人は私なんかと比べもんにならんくらい考えるやろうけど。

    私、最初に聞いた時、親父には『別に頑張らんでいい。最後くらい自分の思い通りにしぃや。』と言うた。

    でもワガママなもんやね、人間て。

    いざ、療養に入り、意外に元気そうな親父を見ると安心するのよ。

    できればこのまま『頑張って』欲しいと思うんよ。

    頑張らんで、早く楽になってくれとはまだ思えないんよね。

    なんでって、自分たちに残された時間の短さを思うからやろうね。

    残された一緒にこの世に居れる時間。

    それを大事に出来てないんは多分、こっちやねん。

    やっぱり、もっと居て欲しい。

    居なくなった時に後悔したくない。

    結局、自分発信で思ってしまう。

    でも時間だけはすぎるんよな。

    希望的観測、楽観的憶測に溺れたらあかん。

    本当の意味で最悪を見据えながら生きやんと後悔する。

    多分、親父が教えてくれる1番最後で、一番大事なことなんやろな。

    ちゃんと生きやな、な。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    コメントの投稿

    Secret

    シンさんこんばんは。

    職業柄いろいろな家族を見ていていますが、人生の最期ってその人がどんな人生を歩み、周りにどんな影響を与えてきたかがよく分かる気がします。こんな家族だったのかなって垣間見るように思います。でもやっぱり、ただ一家族員として、伝えられることは少しでも元気なうちに伝えてあげた方がよいし、その方がより伝わると思います。
    本人が意識朦朧としだしてからありがとうの言葉を伝えていたり、危篤と聞き付けた親族が苦しむ本人に話しかけたりしている光景は第三者から見れば愛されているように見えますが、本人からしたら拷問でしかないのかもしれないと思います。最期位は本人の意味で楽になるように配慮したいものです。

    Re:

    ルークさん、コメントありがとうございます。
    確かに、元気なうちじゃないと伝わりませんよね。
    仰る通り、今際の際で苦しんでる時に枕元でワーワー言われたらキツイですわ、私なら。
    もう最後やし静かにしてくれよって思うんちゃうかなー。

    その時に取り乱さないで済むようにできることはやっとかないとダメですよね。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん