ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 俺たちは家畜だ。

    俺たちは家畜だ。


    私、何が嫌いって通勤時が1番嫌い。

    車通勤の時はまだマシだけど、電車通勤がね。

    同じ格好して同じ方向に歩く葬列のような人の流れが嫌でたまらん。

    自分もその流れの1人にも関わらず、周りの人間に対して物凄く否定的になる。

    『通勤電車内でのオッさんのケンカが多い』ってのよく聞くけど、同じような気持ちになってる連中多いんやろうなと思う。

    働く喜び、自己実現なんてのは限られた一部の人間に与えられたものであって、ほとんどの人間にとっては働くための自己欺瞞に過ぎないと思う。

    少なくとも電車通勤してるような人間はほとんど後者やろう。

    だから皆、死んだ目をして同じ方向に向かって歩く。

    そして電車に乗れば手元のスマホに目を落とし、輸送されていく。

    出荷されるブタみたいに。

    昔の人が見たらどう思うんやろうなぁ。

    科学も経済も発展した先がこの葬列やもんな。

    今のままでいいやって思う人、結構おるんちゃうかなぁ。

    飼う側にまわるにはどうしたらええんやろって考えた事もあるけど、結局、家畜は家畜。

    牛小屋の牛が出世して他の牛に餌をやってるなんて話は寡聞にして聞いたことはない。

    そもそも牛小屋の主人ですら大きな経済の中では役割を持たされた家畜に過ぎないし。

    じゃあ、飼われずにいるにはどうしたらええんやろう?

    それも多分、答えのない問いなんやろな。

    答えがあっても実現できなきゃ意味無いしね。

    じゃあせめて、家畜である事を忘れていたい。

    それが通勤電車を嫌う私の本質なんやろな。

    どこまで行っても現実逃避か。

    そしてまた明日も葬列を組んで搬送されていく。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓





    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん