FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 返済 > 銀行カードローン残高、毎月公表へ

    銀行カードローン残高、毎月公表へ


    yahooニューストップに『銀行カードローン残高、毎月公表へ』という記事が上がっていた。

    一瞬、『毎月残高公表されたら内緒で借金してる奴ら、全員バレるやん!』と興味本位の期待と自身に置き換えた場合の悲嘆入り混じった感情に襲われましたが、何のことはない。

    ただ単に、全国銀行協会の会員行のカードローン残高を毎月公表するだけだった。

    チッ、つまんねぇな

    しかし貸金業法の改正による総量規制導入以降、予想された通りその対象外である銀行ローンが拡大し、この低金利政策も相まってかなり甘い汁を吸って来たように思う。

    当然、利の大きいところには問題が付いてくる。

    こんなものはなんでも表裏一体やからね。

    各銀行が利幅の大きいフリーのカードローンに殺到した結果、激しい競争を呼び、業績拡大の為に無理な貸し付けも行なっていく。

    これはバブルの時の不動産融資や、消費者金融全盛期も同じ。

    貸金で競争に勝つ=審査を甘くするって事になるから。

    どうしても。

    審査甘くするってのは言い過ぎかもしれんけど、とにかくどんどん宣伝し、利点ばかりを強調し、件数を取って行く。

    そうすると当然、過剰な借り入れにより破綻する人間も増えて来て今みたいに問題になってくるわけですが、それでも利幅が取れてるうちは辞めない。

    だって営利企業だからね。

    営利企業に対して『倫理的に問題あるから控えてね』なんて言うたところで意味がない。

    ウチが貸さなければヨソが貸す。

    そしてそれが続けば競争に負けるわけやから。

    ならばいっその事、消費性の貸金に対してさらに厳しい上限金利を設けたらどうでしょう?

    銀行を総量規制の枠に入れるとかじゃなくて。

    銀行も消費者金融も営利企業である以上、損してまでは貸さない。

    じゃ、利幅を制限してやれば、破綻するようなやつには貸せなくなくなる。

    利幅を制限すると言っても政策金利を上げてしまうと経済全体に影響するので、上限金利を下げる。

    なにしろゼロ金利だマイナス金利だと言うてる世の中やもん。

    今の貸金業法の上限金利20%(10万以上18%)じゃ儲かってしゃーない。

    私みたいに踏み倒す輩がある程度おってもさ。

    これが5%とかになるとそうはいかなくなる。

    こうなりゃ返せるかどうか、もっと慎重に値踏みするよ。

    総量規制でズバッと切っちゃうと『総量規制には引っかかるけど先の見通しがきっちり立ち、いまさえ乗り切ったら助かるマジメな人』が被害被るけど、この方法なら銀行側が『先の見通しが立ってない』と思う人を審査通さないだけの話やから。

    しかも今借りてる人らも金利下がるし、そうなりゃ破綻せずに済む人も出てくるやろうしさ。

    結局、利益を求めるのが存在の全意義である企業に対して倫理観なんか求めてもしゃーないんよ。

    問題があるなら問題解決しないと儲からんように仕組み変えれば済む話やと思うけどな。

    こんなもん、契約なんやから借りる方が悪いとか貸す方が悪いとかって感情的な話しても意味ないんやしね。

    どうやろ?

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓








    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん