FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 来るか?!チャイナウェーブ!

    来るか?!チャイナウェーブ!


    今年もこの時期がやって来た。

    国慶節!

    中国の祝日です。
    例年、10月1日から7日までの7連休なんですが、今年は中秋節が重なるので1日伸びてる8日までの8連休。

    例年以上にすんごい一杯来そうやな~、中国人。

    私は前にいた零細企業の社長が中国からの帰化人で、その社長大嫌いやったのでどーも中国人が苦手。

    いや、ええ人もおるんやけどね。
    てか、日本人よりもむしろええ人多いと思うわ。
    マナーの問題とかはまぁ文化の問題やからしゃーないとこあるやん。
    日本が欧米式のマナーに染まりすぎてるってとこもあるしさ。

    それでも苦手なんよな。

    後、何人であっても集団で観光に来てるとやっぱ鬱陶しいし。

    相手は浮かれてる訳やん?

    こっちは普通に仕事やからね。

    その気分的ギャップがイライラを誘うわ。

    大阪、本町に勤めてるから避けて通れないのよ。

    観光バスからワラワラ降りて来て道塞がれると蹴り倒して通りたい衝動にかられるわ。

    でもそこはグッと我慢←当たり前w

    もし自分がハワイとかニューヨークとか行った時に嫌な顔されり、嫌な事されたら浮かれ気分も台無しやもんね。

    日本人だっておんなじやもん。
    ハワイやグアムではさ。

    きっとロイヤルハワイアンショッピングセンターとかアラモアナセンターとかで普通に買い物してる現地の人とかは鬱陶しいと思うわ、日本人。

    絶対『なんやねん、ゴールデンウィークって!アホみたいに集団で来やがって!クソジャップ!』って思ってるわ。

    それでもそんな嫌な顔されんかったもんな。
    観光地から離れたレストランで食事した時だけ邪険に扱われたけどね。

    そう。

    『自分がされたら嫌やろなぁ』と想像力を働かせるだけでだいぶ世界は平和になるからねw

    でも我慢できんから毎年この時期は長期出張に出ます。

    まぁどこ行っても多いけどね。

    いっそ私も休もうかな。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓






    コメントの投稿

    Secret

    うるさい。

    実家の真裏が民泊物件なんやけど‥
    連日うるさくて閉口してるみたい。
    朝4時過ぎまで騒いで寝られへんかったって。
    ゴミも毎日出しよるらしいし。

    正規ちゃうかったら通報したろかな。
    日本人ってそこまでマナー酷くなかったと思うけどなぁ

    Re: うるさい。

    ナオさん、コメントありがとうございます。
    まぁゴミ出しのルールは守れって方が難しいよ。
    これは民泊側が考えないとあかん事やから。
    私なんかが出張でビジネスホテルに泊まる時に地域のゴミ出しルールを意識するか?っつー話やもん。
    ビジホ側が考えて処理するやん。

    でもうるさいのはうるさいと思うわ〜。
    中国人の感性として基本、声大きい人の意見が通るって感覚があるからね。
    観光客を上回る音量で『うるさい!』って一喝すると少し静かになるかもしれんが、次の客がくりゃまた同じやしなー。

    でも日本人のオバハンツアーでも大概うるさいで。

    あの勢いでホノルルでもマンハッタンでもパリでも行く訳やから、外人から見りゃ似たようなもんかもよ?

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん