ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > 時計の針は左回りには回らない

    時計の針は左回りには回らない


    父親が癌の告知を受けてから3ヶ月が過ぎた。

    手術のしようもない、末期であったことから医者からは余命3ヶ月程度と言われた事もあり、告知当初は毎日、色んなことを考えた。

    そりゃ本人の比じゃないが。

    いざ直面してもうろたえない様に頭の中でシュミレーションもした。

    弱り行き、最後を迎える父親の姿を。

    しかし闘病が始まると思いの外元気(に見える)。

    抗癌剤治療の為の二回の入院以外は今までとさほど変わらない毎日が流れた。

    こうなって来ると人間、都合のいいもんで今までの日常がそのまま続く様な錯覚に陥ってしまう。

    しかし現実はそうじゃなかった。

    先日、病院から電話があった。

    私が仕事中で出れなかったのだが、着信履歴を見て容態が急変したのかと思い、慌てて折り返しの電話。

    が、大病院の為、10分経っても15分経ってもたらい回しにされるだけで電話の内容がわからない。

    もし、容態が急変したのであれば駆けつけたいが、おり悪く広島に出張中で仕事をキャンセルして駆けつけても3時間弱はかかる。

    たらい回しにされている数分すら惜しい。

    痺れを切らして保留中の電話を切り、母の携帯へ電話。

    圏外。

    ますます嫌な予感がし本人(父)の携帯に電話。

    呼び出すが出ない。

    病院へ掛け直すかと思案していたところ、父から折り返しの電話。

    出ると本人。

    とりあえずホッとして、事の始終を伝えると私が出なかったので病院からは父に直接電話があったとの事。

    内容は治療方針の変更について。

    曰く、現在の治療が効果が見られないので治療方針を変更するとの事。

    その時はホッとしたのもあって『そうか。わかった。大変やけど頑張ってな』と伝えたのみで切ったが…。

    2日後、父からLINE。

    『11月8日から入院します。今度は長くなりそうやからお母さんの事を頼むな』

    と。

    病院からの電話は本人では無く私に先にあった。
    つまりはそう言う事。

    薄々は理解していた。

    多分、あんまり日は残されていないんやろう。

    この祝日には弟と共に実家に帰る予定。

    何回も書いてるように、誰にでも死は訪れる。

    違いがあるのは残り時間が長いか短いかの差だけ。

    そう自分に言い聞かせながらも、近しい人間の死はやはり怖い。

    幸いにして順番通りにしか経験してこなかったから、どう向き合えば良いのかまだわからないというのが本音です。

    でもまぁ、よほど自分が早く死なん限り、自身の死と同じくほとんどの人が経験する事やから。

    祖父や祖母が亡くなった時も自分の父や母は悲しみこそすれそんなに取り乱しては無かった。

    当たり前の事として受け止める覚悟は必要なんでしょうね。

    前にも書いたけど、父親が私に教えてくれる最後の事。

    しっかり受け止めていかんとあかんのでしょうね。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓







    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん