ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 自己破産についてなど > 自転車がこげなくなる?!銀行カードローン利用者が抱くリスク

    自転車がこげなくなる?!銀行カードローン利用者が抱くリスク


    昨日、毎日新聞のニュースに気になるものがあった。

    以下引用

    全国銀行協会(全銀協)が18日発表した銀行カードローン利用状況調査によると、利用者の約3割が、年収の3分の1を超えて借り入れていた。消費者金融は貸金業法で「年収3分の1超」の融資は原則禁止されている。年収制限のない銀行カードローンが「抜け穴」になっている。


    ※毎日新聞1月18日付記事より引用

    まぁ結構前から銀行カードローンについては業界内で色々と問題になっていた。

    この総量規制の件しかり、ギャンブル依存症・多重債務対策しかり。

    もともと貸金業法を改正した時から問題あったんやけどね。

    明らかな消費性の融資でありながら銀行カードローンは貸金業法では規制されず、あくまで銀行法の規定に則るってのは銀行優遇、ノンバンク潰しの規制やったからね。

    それが今、ようやく表立って議論されるようになっただけ。

    しかしこうやって全銀協が調査し、問題提起をするということは法の改正前に先手を打って自主規制する可能性が高いと思う。

    法で定められてしまうと罰則もキツくなるし、社会状況が変わったとしても容易には元に戻せない。
    なのであくまで自主規制として『無担保のフリーローンは原則年収の3分の1以下を目安とする』なんてのを導入すると思うんよね。

    業界団体の規制であれば仮に違反したとしても業務停止や過怠金と言った重い処分を受けなくて済むし、そんな処分をする権限もないしね。

    銀行としては法で規制されて急に総量規制が導入されると貸し倒れが多発する事はわかってるやろうし。

    ただこうなると困るのが返済して空いた枠でまた借り入れるといった自転車操業をかましてる多重債務者。

    おそらく自主規制が導入されると年収の3分の1以上を借り入れている、もしくは年収の3分の1以上の枠を持っている債務者については新規貸出が停止される。
    または貸出枠が引き下げられる。

    こうなるともう自転車はこげない。

    かと言ってなまじ安い金利で借りてるもんだからおいそれと破綻はできない。
    返せちゃうから。

    もっと困るのは配偶者や家族に内緒で借りてる人。

    自転車がこげなくなると内緒では返せない。

    が場合によっては

    内緒でなければ返せる。

    このパターンが一番悲惨。
    収入と借入額から見ると充分普通に返せるから債務整理しようにもなかなか債権者は応じてくれない可能性がある。

    銀行や消費者金融にとっては内緒か否かなんて関係ないからね。

    『そんだけの収入あれば債務整理しなくても返せますやん。応じませんよ!』

    『いや、嫁さんに内緒なので返済の原資はお小遣いしかなくて…』

    『は?そんなんウチに関係あります?』

    『いや、それは…泣』

    みたいな感じになる可能性大。

    その恐れのある人は今のうちに返済の目処立てとくか、正直に白状しとくかするのをお勧めしますわ。

    個人的には総量規制ってのは多重債務対策に結構有効やと思うし、自主規制の導入となるなら賛成やけどね。

    それで闇金に走るような奴はどのみち総量規制無くても闇金に走るからおんなじよ。

    まぁ今後どうなっていくか、要注目ですね。

    ワードプレスの方はやっぱり更新していません!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村






    コメントの投稿

    Secret

    No title

    カードローンの場合は、銀行という看板があるせいかクリーンなイメージがあるのが問題だと思いますねー。

    また消費者金融は段階的に融資額あげていくのに対し、
    カードローンはいきなり200万円貸したりするので利息が膨らみがちなのも懸念点らしいです。
    ※銀行マンのノルマ達成のため

    自分のときはまだ消費者金融がメインの時代だったので、その頃の借金でまだマシだったかなとちょっぴり感じています。

    Re: 自転車がこげなくなる?!銀行カードローン利用者が抱くリスク

    てっぺさん、コメントありがとうございます。
    消費性の借金ってのは高い金利、セコイ限度額、社会的に悪いイメージの消費者金融から借りるから健全なんやと思いますわ。
    なんか逆説的やけど。
    銀行カードローンってのは悉くこの逆ですからね。
    安い金利、デカい限度額、比較的いいイメージ。
    でもメリットには当然デメリットが付いて来るって事ですよね。

    いっそのこと銀行は無担保、無目的のフリーローンの貸出を禁止するってくらいしてもええかもしれんと思えるくらい銀行カードローンってのは怖いもんやと感じますわ、私は。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん