FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 死ぬなよ、佐川

    死ぬなよ、佐川


    いや~、相変わらず泥仕合が続いてますね~。

    んなことやってる場合でもないような気もするんだが。

    私、前にも書いたように首相が関連するところにある程度の気遣いってのはあって当然やと思うんよね。

    ある意味、そういうのも期待して応援するわけやん、政治家なんてさ。

    でも公には出来んよな、そりゃ。

    もう佐川さん、顔に出てるもんね。

    そんなもん、言わんでもわかりますやん…。
    私に言わせるんですか?
    そんな殺生な…泣


    こんな感じの雰囲気がね。

    しかしまぁ書き換えはマズイよね。
    こうなって来たら事の経緯なんて何がホンマかわからんもん。

    書き換え前の文章だってマイルドに書き換えられてるかも知れんやん。

    でも話題になってる森友学園の方は実はあんまり安倍さん自身は関わってないと思うんよね。

    関わってるならこんな脇の甘いことはせんやろうから。
    でも勝手に官僚側が気を遣っちゃっておかしな事になったんやろな~って感じ。

    逆に加計の方はある程度口出ししてると思ってるけどね。
    やるならやるで足跡残らんようにやるよ、そりゃ。

    でももうそろそろ限界でしょうね。

    私、今みたいな国難の時期に長期政権ってのは良かったと思う。

    でも思いの外、やりたい放題になって来てしまったなって感じ。

    だいたいからして二世三世政治家が牛耳ってる構図やからね。
    安倍ちゃんにしても麻生さんにしても。

    で、後を狙うニューリーダーが小泉じゃ笑えんで。
    マジで。

    ただ一つ言えるのは、今の状況で何が1番悪いかって言えば野党やと思うけどね。

    民主党が一時政権を担ったことで『政権交代はあり得ない』って空気になった。

    本来ならば政権なんて屁でもないって気風の財務省が政治家の顔色を見て仕事するなんて、民主党が産み出したみたいなもんですわ。

    『おかしな事をしたら自民党ですら野に下るで!』って気概を奪ったって意味でね。

    この国で官僚として生きるならば政権与党に傷を付けてはいけないって意識にしてしまったのは、あの政権交代の失敗があったからやと思うわ。

    私、憲法も改正したらええと思うし、自衛隊もちゃんと軍として認めたらいいと思うし、近隣諸国にもある程度脅しも効かせるくらいの外交してもええと思う。

    そういうあたりは自民党の方針に賛同できるけど、安倍ちゃんの元で憲法改正すんのはなんか嫌やな。
    てか今の状況で憲法改正の発議をしても国民投票勝てないやろ。

    ちょっと時間をかけて与野党含めて仕切り直しにせんと、世界から取り残されそうやね、日本。

    ま、本音で望みを言えば今の政治家、全員立候補不可にした上で衆参ともに総選挙やって欲しいくらいやけどね。
    さらに誰でも出れるように供託金を取るんじゃなくて立候補補助金渡してなw

    一回、政治家の家系でもない、金持ちの家系でもない、世間では下層と言われるような奴が多数を取った国政ってのもおもろいんとちゃうの?

    だって数だけで言えば下層の方が多いんやから、一般の国民はさ。

    多数決が民主主義そのものでっせw

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん