FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > ルサンチマンと奴隷道徳

    ルサンチマンと奴隷道徳


    ルサンチマン。

    rhymestarとクレイジーケンバンドとの共演曲、『肉体関係 part2』で剣さんのラップの歌詞の中にこの言葉があり、両グループのファンである私としては昔からなんとなく気になる言葉ではあった。

    その言葉を最近、漫画アプリの広告の中で見かけた事から改めて思ったんです。

    ルサンチマンってどう言う意味なんやろ?

    と。

    なんと無く言葉の響きだけで記憶には残ってたけど意味わからんかったんよね。
    無学ですんません。

    で、調べてみたところルサンチマンとは『強者に対する憎悪や妬み』とのこと。

    そしてそのルサンチマンをバックボーンにする道徳が『奴隷道徳』と言うらしい。

    なんだこれは?

    なんか妙に面白そう。

    『奴隷道徳』ってなんやねん?

    それをまた調べて見るとニーチェが唱えた道徳の分類らしい。

    ニーチェ曰く、道徳には『君主(貴族)道徳』と『奴隷道徳』に別れ、『奴隷道徳』はルサンチマン(怒り、妬み)を根源とする道徳を言うらしい。

    『君主道徳』は物事を良と悪に分け、肯定・傲慢・主動を特徴とし、『奴隷道徳』は物事を善と悪に分け、自己否定・謙遜・慈悲を特徴とするとのこと(wiki参照)。

    うーん。

    私って『奴隷道徳』やな!

    物事を良(有用)と悪(無用)に分けるのでは無く善と悪に分ける考え方、そして謙遜や慈悲こそ美徳とする道徳観。

    完全に奴隷やね。

    てか日本の道徳観って奴隷根性の典型なのね、ニーチェに言わせると、やけど。

    架空ブログなんかでも『儲かりゃ嘘でもなんでもええわい』ってのを全否定して来たけど、それこそ奴隷道徳なんやね。

    『儲かりさえすれば良い』ってクソ野郎達の方が貴族的な考え方とは…。

    金持ち(資本家)に対する怒りや妬みが道徳観を形成し、その道徳とは自己否定・謙遜・慈悲を美徳とする。

    改めて言葉にするとなんとも言えんけど、やはりニーチェは偉大だと言わざるを得ないね。

    悔しいけど奴隷根性丸出しやわ、私なんて。

    でもまぁ、それでええけどね。

    自己肯定、傲慢、主動を美徳とするやつになんかなりたくないもん、金持ちになったとしても。

    まぁ主動はともかくさ。

    人を踏みにじって金持ちとして生きるより、踏みにじられても貧乏でええか。

    そう思えるのが奴隷の奴隷たる所以かも知れんけどね。

    ま、この歳になっても『知る事』ってのはおもろいね。

    また一つ、私の『貧乏観』は一歩踏み出しましたわw

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん