ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > やはり情治はブーメランを喰らいやすい

    やはり情治はブーメランを喰らいやすい


    私は今日、4月15日を楽しみにしていました。

    何って?

    比嘉大吾VSクリストファー・ロサレス

    この試合。

    もちろん村田選手の初防衛戦も楽しみではありましたが、言い方は悪いがこちらは噛ませ犬との試合。

    ポイントアウトを得意とするベテラン選手なので、そうそう番狂せは起きないというのは予想できたからね。
    エンダム選手との試合で技巧派が苦手のイメージがついてしまったが、アマチュアの金メダリストやから。

    ポイント争いでも世界のトップレベルやもんね。

    一方の比嘉選手の相手はWBA2位ながら最強挑戦者といっても良い実力者。

    3敗してるが、負けた相手がキービン・ララ、カリド・ヤファイ、アンドリュー・セルビーといういずれも世界チャンピオンクラス(ヤファイはチャンピオン)の実力者、しかも全部判定でダウン経験なしというレコード。

    さらにあのローマン・ゴンザレスと親戚というオマケ付き。

    元々減量苦もあり、フライ級に止まるのがキツそうな比嘉選手にとってはフライ卒業への最高で最悪の相手。

    さすがは具志堅、ええマッチメイクするわ~と思ってたんです。

    が、まさかの計量失敗…。

    残念すぎる…。

    そしてこの計量失敗は日本ボクシング界にとっては最悪すぎるタイミング。

    なにしろひと月半前に山中慎介VSルイス・ネリの試合が物議を醸したばかり。

    そしてそのネリに対してJBCは無期限の出場停止処分という異例の処分を下したばかり。

    この『異例』って部分が重要。

    本来、ボクシングでのウエイトオーバーはままあるんです。

    で、その場合は『一年間の出場停止』ってちゃんと規定があるんですよ。

    それを無期限にしたのはネリの体重超過を悪質とみた処分なんですが、要は世論に流されて規定を無視した処分なわけですわ。

    例え悪質だろうが、外国人だろうが、態度が不遜だろうが、山中選手が引退をかけていようが、規定で決まっている以上の処分を下すのはおかしい。

    じゃ何のための規定やねんっつー話になるから。

    世論がネリに対して厳しいから規定以上の処分するってのなら、国民感情によって法が曲げられ『情治国家』と揶揄される韓国と変わらん訳ですわ。

    韓国が稀代のブーメラン国家たる所以はその情治によるところが大きい。

    感情だけで物事を決めたら、もし自分が逆の立場に陥った時に窮地に陥るからね。

    例え感情的には『最悪』の出来事であっても、規定以上の罪を被せてしまえば、もし自身の身内が同じ出来事を起こした時に理不尽な扱いを受けても文句言えんやん?

    『情』と『法』は分けて考えるべきなんよ。

    まぁおそらくJBCは比嘉選手に対しては『規定通り』一年間の出場停止の処分を下すと思う。

    でも少なからず批判は受けざるを得んやろね。

    ダブスタやもん。

    本来ならあの時、情によって左右されるんじゃ無く、法を改めるべきやったんですよ。
    『〇〇ポンド以上のウエイトオーバーの場合はライセンスの無期限停止、それ以内のオーバーは一年間の出場停止』とかに。

    『悪質』っていう基準の無い、情に左右されるものによって決めたおかげで今回、ダブスタとの批判を受ける羽目になったんやと思う。

    肝心の試合は非常に面白かったけどね。

    ロサレス選手は予想通り強かった。

    左ボディを体を丸めてエルボーブロックし、その体勢から出しやすい左の被せ気味のフックを打つってやり方はよく研究してるよな~って感心しました。
    ガードしててもあんだけレバー叩かれたら気持ち悪かったとは思うけど。

    テレビ解説なんかやと比嘉選手の減量失敗が敗因かのように言うてたが、それこそダブスタで笑っちゃったけどね。

    ネリ選手の時には『体重重くて有利』て言うてたんやから。
    それなら今日の比嘉選手も有利だろって。

    そこは『情』の部分ではあるが、外国人、日本人関係なく内容で評価したって欲しかったね。

    あの日、山中選手に勝ったネリ選手は強かったし、今日のロサレス選手も強かった。

    ウエイトオーバーが無くても両方とも勝敗は変わらんかったと思いますわ、私は。

    でも勝負に『たられば』を残すってだけでもネリ選手も比嘉選手も『最悪』やとも思いますけどね。

    両方とも階級を上げた上でもう一度見たい選手ですわ。

    もちろん両方とも日本のリングでね。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村







    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん