FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > あのタックルは監督の指示無しにはあり得ない!

    あのタックルは監督の指示無しにはあり得ない!


    何を隠そう、私は中高とラグビーを嗜んでおりました。

    同じようなコンタクトスポーツを経験した立場から、今回の日本大学アメリカンフットボール部のラフプレーの件に関しては憤りを禁じ得ません。

    加害選手は事実上、選手生命を絶たれた形となりましたが、あのプレーは選手もさることながら指導者が厳しく罰せられるべきだと思います。

    まず第一に、あのタックルは間違いなく故意であった事。

    今も総合の真似事の稽古をする時はタックルしますし、ラグビー時代はそれこそ何百、何千回とタックルをしました。

    格闘技、ラグビー、アメフトとタックルの仕方に若干の違いはありますが、共通しているのは相手をしっかりと見て仕掛ける事。

    頭を下げるのはコンタクト前の一瞬なので、QBの手からボールが離れ、プレーが切れているのは100%認識しているはずです。

    しかし、当該選手はボールが手を離れたのを確認してから加速している。

    勢い余って、とかプレーが切れているのに気がつかなかったってのはあり得ない動きです。

    そして、あのタックルが100%故意である以上、断言できることがある。

    それは

    監督の指示は100%あった!

    はっきり言ってコンタクトスポーツにはラフプレーが付き物です。
    スポーツマンシップがどうたら言ってる人の大半はコンタクトスポーツどころかスポーツもやったことないと思います。

    秒単位で遅れる今回のようなレイトタックルはあり得ませんが、コンマ数秒単位であればレイトと認識していても仕掛ける事はあります。

    まぁ止まり切れないってのがほとんどではありますが。

    ただし、ラフな反則を犯した場合、1番選手が恐れるのは何か?

    それは自チームの指導者からの叱責や制裁なんですよ。

    ラフプレーが起こりやすいスポーツであるからこそ指導者はそのラフプレーを非常に嫌うし、明らかな故意のプレーにたいしてはかなり厳しい制裁を科す事も珍しくありません。

    下手すりゃ在学中、試合出してくれないくらい。

    そうする事で選手にスポーツマンシップやフェアプレー精神を植え付け、結果的にチームの強化になる。
    汚いプレーを多用するとある程度のレベルまではそのアドバンテージで強くなりますが、どこかで絶対に頭打ちになる。

    小林まことの『柔道部物語』における三五 十五と西野 新二の対比のように(古すぎて知らんかw)。

    反則を織り交ぜたラフプレーを是とする指導者は選手の才能を伸ばせないどころか抑制してしまう。
    こんな事はスポーツ指導では当たり前の事です。

    つまり、自チームでの制裁を恐れずにあれだけ見え見えの故意による反則を犯すって事自体が監督の指示があった何よりの証拠です。
    選手が二流ならともかく、実績のある一流選手だったみたいですしね。

    ま、発破をかけるつもりで『反則でもなんでもいいから相手を潰すくらいの気迫で行かんかい!』って言うたのを『反則して潰してこい』と捉えたって可能性はありますが。

    どちらにしてもその選手がそう言えば反則しかねない状況であるのを見誤ったなら監督の責任は免れません。

    大学側は指示を否定、当該選手は指示があった旨を周囲に漏らしてるらしいので、この先泥仕合になりそうですが。

    しかしまぁ、コンタクトスポーツや格闘技の指導ってのは難しい。
    お上品に勝てるスポーツじゃないしね。
    私もラグビーや空手の試合の時は相手殺す気でいくし。
    死なないけど。
    私程度の力では。
    あとルールが守ってくれてるからね。

    逆に言えばルールを犯せば死んじゃうくらい危険なスポーツ。

    大学日本一になるような超一流チームがこんな問題を起こしてしまうほど難しいって事なんやろね。
    こう言うスポーツの指導って。

    やっぱ私にゃ無理やな、人に教えるのは。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん