FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 神様はいなかった…Part2

    神様はいなかった…Part2

    明日より父親は入院。

    前回まで抗ガン剤治療の為、2ヶ月に一回入院していたが、1月に入院して以来久しぶりの入院となる。

    入院の内容は聞いてないが、前回までの入院とは意味合いは違ってきているのではないかとも思う。

    そんな父から昨日電話があった。

    いつものように馬券購入の依頼だ。

    うん、多分そんなに深刻な入院じゃねぇなw

    そして今日の朝のLINEでの会話。

    私の予想を聞くから予想しちまったじゃねぇか。

    下の買い目(ちなみに計算間違えてて7,000円分を10000円分だと思ってる)を見てくれたら分かるように、全く参考にもしない癖に。

    前に書いた通り、予想した以上は私も買う。

    当たっちゃったら悔しいからね。

    で、結果

    1,600円負けた!!!

    悪くない予想やったのになぁ。

    3連単マルチ、サングレーザー軸とアエロリット軸で迷った挙句、サングレーザーにしちまったよ。

    アエロリットならぼろ勝ちだったのにね。

    なかなかクーラー資金が出来ませんわ。
    てかジリジリ減っとる。

    ま、親父は大外れやけどね。

    そして馬券を買い、レース結果を待つ間にワードプレスの方のブログを書いてた。

    昨日、ゼロさんからコメントあったのをキッカケに『カジノ実施法案』について買いてたんだけど…。

    なにしろ要綱でPDF105頁、法律案で303頁からなる法案。

    読むだけで死にそうになるっちゅうねん!

    なんであんな難しい書き方するんやろな、法律って。

    アホを騙すためにアホには分からんように書いてるんちゃうか。

    法律家や議員の特権保持の為にさ。
    アホにもわかるように書いたらアホが弁護士とかになれてしまうかもしれんし。

    そうなったら賃金下がりそうやしな。

    格差社会を解消しようなんて気はホンマは無いんやろな~。
    こういう格差を産むトラップが一杯あるもんね。

    ともかくアホの私が読むには辛い文書を読み、一生懸命伝わるように内容を考えて書いてたんですが…。

    大きな読み違えをしてた!!

    詳しくはワードプレス版を読んで欲しいのですが、テーマは『特定複合観光施設区域整備法』の中の『特定金融業務』の『特定資金貸付業務』やったんですよね。

    これの対象をまるっきり逆に理解してたんよ、初めは。

    だって法案の書き方がややこしいから~。

    『本邦内に住居を有しない外国人(中略)以外の者に金銭を貸し付けてはならないものとすること』ってあるんやけど、『以外』ってところを飛ばして理解してたんよね。

    要は本来なら『外国人にしか貸せない』のに私は『外国人には貸せない』って理解しちゃったわけ。

    で、それに基づいて考えてたからもう全くおかしくなってたw
    やっぱアホには分からんように書いてるわ、絶対。
    ※【追加】コメントの指摘を受けてさらに読み込んでみると外国人のみに貸すってわけじゃ無いのね、やっぱ理解しにくいわ。

    ホンマ、馬券は外れるし、勘違いしたまま無駄な時間を過ごすしで、2週連続で神様の存在を疑う日曜日となりましたわ。

    まぁどっちも自業自得やけど。

    あ~、疲れた。

    とは言えなかなか危険な法案です、カジノ実施法案!ぜひワードプレスも見てやってください!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村




    コメントの投稿

    Secret

    No title

    お疲れ様です、そしてありがとうございました。

    なんですが、、

    82条1項、「本邦内に住居を有しない外国人『又は』カジノ管理委員会規則で定める金額以上の金銭を当該カジノ事業者の管理する口座に預け入れている者以外の者に金銭を貸し付けてはならないものとすること」

    です。
    これ、預託金積んでおけば日本人でも借りられますよね??条文上。

    Re: 神様はいなかった…Part2

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    いや、第八十五条の1が、『本邦内に住居を有しない外国人』で、2が『カジノ事業者の管理する口座に預け入れてる者』なので、条文上は『外国人かつ預託金を預けてる者』になりますねー。
    だから今のところ日本人は対象じゃないですわ。

    No title

    すいません僕、条文の番号間違ってましたが、いやこれ「且つ」じゃないです、併記ですね。
    官邸のサイトから要綱を見ると、一つ目のコメに書いたようにはっきりと「又は」って書いてあります。

    Re: 神様はいなかった…Part2

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    いやいや。
    私もワードプレスの条文番号、間違ってたしw

    併記やけど『又は』やね、確かに。
    読み込んでみると。

    あの書き方なら『どちらかに当てはまれば貸せる』な。

    『次にあげる条件を全て満たす者以外』では無いもんね。

    こりゃよりヤバいな。
    ワードプレスも少し加筆修正せんとあかんな。

    No title

    改めてお疲れ様でした。WPのほう、とてもいい記事でした。
    信用情報の件とか、恐らくシンさんにしか書けない視点でしょう。

    賭場の廻銭を合法にしちゃうって話も凄いんですが、古き良き時代に盆屋なんぞに出入りしていたのは玄人ですからね、違法だというのを承知で博打を打ちに来ていた確信犯。
    カジノは、恐らく違うでしょう。合法の場でもあるし、行くのはまったく普通の人達なんだと思います。そういう人達に廻し銭回すかぁ?あの条文起案した人がどういう神経してるのか僕には全く理解出来ません。

    あとひとつ、条文を読み切れなかったところなんだけど、これ、遅延損害金を実質的な利息分として運用するつもりなんですかね?や、ふた月で返せない人なんて続出すると思うから結構いい商売になるかとは思うんだけど、道義的にはどうなの?という思いもあります。

    官製ヤクザは言い得て妙で、カジノの話が出てきた辺りから暴対法が滅茶苦茶厳しくなった。このふたつはリンクしてると見立ててる人も居ますね。胴元としてマフィア筋を入れる布石だと。カジノ経営のノウハウはたくさん持っているんでしょうから。

    Re: 神様はいなかった…Part2

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    いや、利息は確保できてますよ。
    だって貸し出すのは『特定資金』やもん。
    そのカジノの賭けでしか使えない金ですよ?
    てことは個別、短期的に見れば勝ち負けはあっても均せば必ず利益出ますやん。
    じゃなきゃ誰もカジノなんか運営せんし。

    仮にカジノの上がりが総賭け金の5%やとすると、2ヶ月フルで貸したとしても実質年利は30%超えるで。
    それプラス、遅延損害金ですわ。

    しかもこの債権、普通の債権と同じように譲渡したり取立てを委託したりできるからね。
    するとここで『債権回収会社』が活躍できる。

    これはなかなか良く考えられた一大利権構造なんですよ。

    ほんま、とんでもないで。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん