ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 弱者が弱者を差別する。

    弱者が弱者を差別する。


    こんなのがFacebookでシェアされてきた。

    前にも見たことあるので、結構有名なやつなんかもしれません。

    私自身、税金は罰金の意味合いを持つと考えているので、この内容自体には賛同できる面もある。

    1番最後を除けば。

    この文面は明らかに恣意的に生活保護への差別、偏見を煽っている。

    それも『差別では無く不公平感を感じるでしょ?』という皮を被せているのでより質が悪い。

    元々の発信者自体はどの辺を意識しているのかは知らんが、私に直接シェアしてきた人は確実にこのロジックにはまってる。

    差別ってのは強者が弱者を区別する事で起きるんじゃ無い。

    弱者同士が差を付けあって区別するから起こる。

    階級闘争じゃないので差別では世界は変わらない。
    自分の自尊心を満足させるだけで。

    確かに生活保護に対しては不公平感が無いのか?と言われれば無いとは言えない。

    一生懸命に働いても生活保護より下の生活水準だったり、国民年金だけで生活しようとすれば同様に保護世帯より苦しくなったり。
    もちろん不正受給の問題もある。

    でもそれは生活保護を差別する事で解決する事じゃ無い。

    賃金水準を上げたり、年金制度を見直したり、不正受給対策にもっと金を使ったり。

    これをやるにはもっと富裕層から金をぶんどらないとダメなわけで階級闘争になる。

    でも差別の方向にいく事でその機会は失われ、不公平感を生活保護の縮小に向かわせる事で自身のセーフティネットをより小さい物にして自分の首を絞める。

    アホな話や。

    弱者が弱者を差別する。

    このFacebookのシェアは取り立てその典型なんよね。

    私にシェアをしてきた人は発達障害を抱えていて発達障害に対する理解を求める文書をシェアしたり、発達障害に対する差別を少しでも感じるものを批判するコメントをしたりかなり積極的にやってる。

    その一方でこの文書をシェアしたり、外国人排除の論調を賞賛したりする。

    その人自体が悪いわけじゃ無いけど、自身を弱者と思い、差別に憤ってる人ほど騙されやすい。

    私自身もそう。

    低所得者で多重債務者。
    資本主義社会の中では弱者で間違い無いと自覚してる。

    生活保護に対する差別感情もあったし、そんな記事を書いたこともある(これ→生活保護29万円。これ見ると私も全く同じことしてるという…w)。

    でも一歩引いてみて、感じたんよね。
    そんなん、自分の首絞めてるだけやんって。

    よー考えりゃ私自身、家賃補助を受けた事で生き長らえたんやし。
    それだって生活保護制度の一部やもん。

    『生活保護は恥ずかしくて受けれない』って理由で受給するべき人が保護を受けない現状が良いとは思わない。
    時々、日本人の美徳のように言われる時あるけど、そういう風に言うことでより制度の運用が悪くなってると思う。

    面の皮の厚い美徳の無い人が生活保護を受けるってイメージ付けのせいで、ホンマに面の皮の厚い美徳の無い人は不正に受給するし(ホンマのことなら気にならんからね)、受けるべき人が受給に二の足を踏むって感じにね。

    不正受給の問題と保護水準の問題は本来別問題なのよ。
    それを結びつけて考えるミスリードに弱者ほど乗りやすいって話。

    ま、Facebookでシェアしてきた人は一回組手しただけの他道場の人やから直言するつもりは無いけどさ。

    重ね重ね、アホな話やな、と。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村


    コメントの投稿

    Secret

    それは、地域間の差。

    確かに酷いね‥。

    でも私も、最近までは同じ様に感じてた。
    そうやって、煽る人もいてる。

    そもそも、ほんまの強者は生活保護になんて
    関心すら無いやろし。

    それに、

    『金持ちは別やけど、収入が無くなればみんな
    そうなる可能性すらあるのに』ともね。

    でも、最近は地域性を感じてるんよ。

    例えばね、『全国一生活保護受給者が多い』と
    される大阪でも、府内それこそ大阪市とその他
    の市とでは支給額に月額1万円以上の差が有る
    けど、だからっていうて、かつてのシンさんの様
    に(ごめんよw)、『有る意味受給者』であっても、
    大阪市以外に住んでる人でも、大阪市に働きに
    来てたりする訳やん?

    まぁ、はっきり言うて自分の生活を

    『全部、生活保護におんぶに抱っこ』してる人の
    割合って以外と少ないんよね!

    だから、
    ほんまの実態を知らん人に限ってこういう事を
    書くんよ!

    シンさんの以前の記事に出てきた女性の方が
    少ないと思う。

    だってあの人、都会に住んでたんちゃう?

    と、言いたい‥。

    Re: 弱者が弱者を差別する。

    ナオさん、コメントありがとうございます。
    これって物凄く難しい問題なんよね。

    見ようによっては人に頼って楽してると見えるのは確かやし。

    でも『頼れる社会』である事は人ももちろん、自分も助けるわけやし。

    個人それぞれが『頼られても許せるやつ』と『頼られると腹立つやつ』の基準はあって、それに基づいて文句も言うわけやし。

    でも十把一絡げに差別を煽り、それに乗る事は賢い人間のやる事とは思えん。

    実態を見て、考えて、自分に置き換えて。

    それをしない批判は差別の誹りを免れんと思うんよね。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん