FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > 7月23日

    7月23日


    昨日、7月22日が誕生日ならば、今日、翌23日はなんの日か?

    実は前妻と離婚が成立した日なのです。

    6年前の今日、ふた月ほどの離婚調停を経て、調停成立となったのです。
    そして即日、離婚届を提出し離婚となりました。

    何の因果か、今日、離婚調停が行われた神戸家庭裁判所にほど近い場所に仕事で向かいながらいろんなことを思い出しました。

    前妻の姿を見たのは神戸家裁の調停室で見たのと、その神戸家裁を出る際に帰りのエレベーターで鉢合わせたのが最後。

    今日と同じような良く晴れた夏の日でした。

    借金や破産は結局、自分のだらしなさであり、その事自体が自分を変えたとは思わない。

    『もしも借金しなかったら』とか『もしも破産しなかったら』なんて考えるだけ無駄。

    そういう人間ではないのだから。

    でも離婚に対しての思いは違う。

    離婚によって私の性格も人生も屈折した。

    いや、正確には『相手の人生や感情を捻じ曲げた事による自責の念』で自身も曲がってしまった。

    別に今の生活や家族に不満があるわけじゃないが、昨日のように楽しい時を過ごしても頭をよぎる。

    自分が有責の離婚ってのはそういう事。

    相手はなんの責も無いのに人生を理不尽に曲げられる。

    当然、有責者はそれを背負って生きないといけない。

    今更ながらに私は思う。

    配偶者には誠実で無いといけない、と。

    そして誠実で無いものが離婚を望まないのは、実は配偶者や家族を愛してるのではなく、自分が傷付くのがわかっているからである、とね。

    自分の有責で人の人生を曲げる事の結果、自分に跳ね返ってくる事を恐れているだけで、結局自分を守ってるに過ぎない。

    まぁ、たとえ夫婦の間とはいえ多少の嘘は仕方ないにしても決定的な裏切りはあかん。

    『傷付けたく無いから黙っている』ってのが果たして誠実であるのか否か。

    実は『傷つきたく無いから黙ってる』のにね。

    私の前妻は幸いにも新しい伴侶に恵まれた。

    考えようによってはこんな男と離れれてラッキーだったとも言える。

    が、だからと言って私の責が消えるわけじゃ無い。

    信用情報機関の異動情報じゃないんやから。

    『喪明け』なんてものは来ないのよね。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん