FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 男には『借金苦』なんてないのかも知れない

    男には『借金苦』なんてないのかも知れない


    今日、電車移動中に珍しく女性の書く借金ブログを覗いてみた。

    マミーさんのブログはちょいちょい覗くけど、それ以外の女性借金ブログってのはほとんど見ないんですが、カンクチョウさんのブログの記事タイトルが気になったので。
    (この記事→本当にお金に困ってるとブログの更新もできないんだね

    私自身、タイトルの通りやと思ってるので、皆さん息も絶え絶えなタイトルでよー更新する余裕あるなぁと嘲笑してたりするんでね。

    そんなに苦しけりゃまずネット環境無くなるっちゅうのって。

    実際、読んでみるとカンクチョウさんはブログを更新できる環境が無くなった(ネット遮断)為更新してなかったとのこと。

    後、すずかけさんのブログも久しぶりに読んでみた。

    両主婦のブログを読んだ感想がこの記事のタイトルってわけです。

    借金ブログ書いてる男性ってのは『嫁子供居てて嫁さんに内緒(その後バレる、も含む)』『独身実家住み』ってのが多い。

    『独身一人暮らし』も居るには居るけど、だいぶ変わりモンやね、たいてい。
    なので借金だけじゃなく色んな所に突っ込みどころ満載で、あんまり読まないし参考にならない。

    そもそも数少ない。
    ま、たくさん居たら日本が心配になるレベルの変わりモンばっかやし、少なくてええけどw

    対して女性の場合は『子ありの主婦(兼業、専業ともに)』が多い。
    貧乏ブログは意外に『独身一人暮らし』ってのも多いけどね。

    男性も女性もみな『金ない金ない、苦しい苦しい』て書いてるけど、男性は女性のブログから感じるほどの切迫感ってのは無いんよね。

    私もそうやけど、なんぼ金ない苦しいて言うてても衣食住揃ってるわけやから。

    ホンマに苦しい思いしてるのはその嫁さんであり親でありって人達。

    なにしろ妻子持ち男性も独身実家寄生男性も毎日買い物しないでしょ?

    買い物っつても服や化粧品とちゃうで。
    毎日の食事ね。

    毎日、食材を買いに行くたびに金がない事を実感し、金が無いために諦め、金が無いためな謝らなければならない。

    特に子供居てるところは。

    それはかなり辛いと思うんよね。
    後、日々暮らす為のコストの支払いね。
    光熱費とか家賃とか。

    ま、多重債務作るような旦那に家計を任す事は無いから(私の場合は慰謝料があるのと、どちらも金にだらしないから例外だけど)、嫁さんや親に内緒にしてようがバレてようがその辺のことで頭を悩ますことが無いんですよ、男は。

    だから男がなんぼ苦しいとか申し訳ないとか書いててもそんなに切迫感ない。

    やけど女性の場合は当たり前に食事を用意し、旦那や子供が帰る場所を守らなければならないからね。
    人によっちゃ自分のせいで苦しいわけじゃなかったりするから尚更。

    借金苦の原因は旦那なのに毎日、無い金捻り出して食費や支払いに充ててる人のブログに切迫感が無いわけ無いわな。

    男女平等なんて言うてみても私も含めて程度の低い男にかかれば男尊女卑極まるよな、ホンマに。

    なんかちょっと反省しましたわ。

    だからと言うて急に嫁さん、楽にしてやれる程の甲斐性無いけどね。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん