FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > 通夜

    通夜

    昨日の昼過ぎ、突然このスマホに着信があった。

    画面を見ると『母』の表示…。

    金曜日の昼過ぎ、母だって私が仕事中なのは当然わかっている。

    その上での電話。

    慌てて席を立ち、電話に出ると

    亡くなったよ

    と母の声…。

    『え?』ともう一度聞き返す。

    『亡くなったのよ、今朝』と母。

    『いやいや、病状変わったとか再入院したとか何にも聞いてないし、なんでそんな急に…』と少し取り乱した私が尋ねると『1月に倒れたと言ってなかったっけ?』と。

    あれ?

    ちょっと待てよ。

    改めて『誰?誰が亡くなった?』と聞き直したところ、『だから兄貴。オッちゃんやん』と母。

    嫌な予感がして慌てて電話に出たので、会話の冒頭を聞き取れてなかったんです、私が。

    しかし『良かった』って訳にはいかない。

    母は兄3人の4兄弟の末っ子。
    そして今回亡くなった長男は母より先に熊本から大阪に出て来ていたこともあり、1番母を可愛がってくれていた。

    そんな叔父さんの死を伝える電話だったんです。

    そして『通夜だけ出れないか?』と。

    私、仕事中はたまにスーツ着るくらいで、普段はジーパンにシャツ。
    それが許される会社であり業界なので。

    しかしそんなカッコでいいのか?と聞くとそれでいいと言う。

    それならばと会葬することに。

    上司に事情を話し、少し早めに仕事を上がらせてもらって会場へ。

    会場に着いて驚いた。

    普通のマンションやん!

    事前に『〇〇会館の303やから』と言われていたので、『303?』と少し不審に思っていたがこう言うことだったのか。

    部屋に入ると普通の2LDK。

    それを若干改装し、LDKを葬儀会場、二間続きの和室を控えにしている構造。

    こんな感じです↓

    参列者は叔父さんの娘さん2人(私にとってはいとこ)とその息子さんが1人(おい)、母、そして私の5人。

    後で聞いたところ、4人ではあまりに少なく、寂しく、かわいそうなので近くで働く私を呼んだとのこと。

    随分と前に離婚していた叔父。

    そして友達付き合いもあまりしない人だったし、故郷は遠く熊本。

    そうなるとこんなものか…。

    沢山の人が弔問に訪れる式ばかりでは無いよね、当然。

    自分が死ぬ時を考えたら少し寂しくなった。

    なにしろ私に至っては子もいないわけだからね。

    誰が葬式上げてくれるんやろか?

    より無常感を感じるお通夜でした。

    まぁ仮に弔問客が沢山いるとしても葬式に金をかけれるような状態では無いですけどね、私。

    普通に生きるための金すらギリギリなのに、死ぬ為の金なんて用意できる訳ないよな。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村







    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん