FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > 神様、ありがとう

    神様、ありがとう


    今日、車で仕事に出掛けた帰りに実家に寄った。

    正直、昨年夏に親父が『余命3ヶ月』と告げられた時の熱量はかなり下がってきた。

    人間、現金なもんで『もうすぐ死ぬ』と言われりゃ悲しくて普段でも涙出そうになる癖に、『意外と生きてるよ~』と言われると実際にはなら死と隣り合わせであっても興味が薄れて行く。

    毎日ほど『顔を見とかないと』『話ししておかないと』と思っていたものが、月に一回になり、今や盆から会ってなかった。

    特に私のように刹那的に生きてきた人間にとって『喉元過ぎれば熱さ忘れる』は座右の銘と言えるほどに染み付いてるんでね。

    そんな自分に自己嫌悪を感じつつ、久しぶりに実家の敷居をまたぐ。

    親父の姿を見て驚いた。

    横たわり、頭に熱さまシートを貼り、体温計を加え苦しそうにしてる…。

    こんなに。

    こんなに弱ってるとは…。

    衝撃を受け立ちすくむ私に母親が言う。















    風邪ひきはってん笑

    おいおい。

    ビックリするがなw

    よくよく顔を見たら前より少しふっくらして元気そう。

    ただ抗癌剤治療の効果が無いらしく、現在定期検診のみで放置らしい。
    今際の際に近づいてるのは間違いない。

    が、よく生きてるし、元気だ。

    死にかけてても3ヶ月間、顔を見せない親不孝な私にとってはホッとする限り。

    神様、ありがとう。

    こんな私でも、親の顔を見に帰り、普通に話しする機会、時間をたくさんくれて。

    今日は足腰が弱り、布団からの寝起きが辛くなってきたって親父の言葉を受けて私が実家にいた時のベッドを一回におろして組んでやった。

    なにかやれる。

    それだけでありがたい。

    金銭的に何かしてやれるって事ないだけに、力仕事で貢献できたりすると嬉しい。

    人はいつか死ぬ。

    それは今回の親父のことで、改めてわかった。

    でも、人の死は悲しい。

    どんなに綺麗事を並べても。

    どんなにカッコつけたって。

    未練も後悔も反省も残る。

    だから1日でも長く生きて欲しい。

    私の為に。

    いなくなった時、私の心残りをできるだけ少なくしてもらう為に。

    どこまでも自分勝手やと思うけど、そんなもんやとも思う。

    ま、病に苦しんでる方はそんな呑気なこと言うてられへんと思うけどね。

    次は正月やな。

    その時も普通に会える事を神に祈るよ。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村





    コメントの投稿

    Secret

    No title

    こんな言い方はアレだが
    亡くなるときの目安がわかっていれば
    色々覚悟も準備も出来ますな

    いきなりとかだとキツイものはある
    知り合いとかそれでずいぶん老け込んだ

    Re: 神様、ありがとう

    ヴェロニカさん、コメントありがとうございます。
    そうなんですよ。
    余命宣告ってのは関係ない時には『残酷やな』と思ってたけど、関係者になると覚悟や準備ができるって点でありがたい部分もあるんですよね。

    事故なんかで急に逝く事考えりゃ病気で、しかもある程度進行していく病でってのはまだ良いのかもとか思いますね。

    いや、病の当事者になると真綿で首絞められるような感覚なのかもしれませんがね。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん