FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!

    『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!


    明けましておめでとうございます。

    平成31年が始まりました。

    そしてこの『平成31年』は間も無く終わる。

    今年の四月を持って今生天皇が御退位され、新元号が制定されるからです。

    しかし1つ大きな懸念があることを忘れていた。

    というか厳正な司法制度、そして三権分立が確立した我が国にはもはや無いものだと高を括っていた。

    それが『恩赦』

    国の慶弔時に行われるこの制度。
    平たく言えば天皇家になんかあった時に犯罪者の罪が軽くなる。

    懲役が軽減されたり、罪を一等減じられたり。

    しかも今回は『新天皇即位』という慶事中の慶事。

    『恩赦』の中でも最高の『大赦』が検討されているという。

    これは公訴権の消滅なんかも含む最強の『恩赦』。

    この機(天皇即位)を逃しては出来ない事なので是非やろうという機運が高まってるらしい。

    なんでやねん!

    そんなん、納得できる?

    自分の家族を殺され、その犯人は無期懲役の確定判決を受けた。
    が、『大赦』で懲役15年に減じられ来年出てくる。

    とか

    自分の恋人をレイプされ、その犯人は裁判中。
    が、『大赦』で懲役刑が執行猶予付きになった。

    とか

    詐欺的な商法で老後の蓄えを根こそぎ盗られた。
    損害賠償請求の裁判準備中だったが『大赦』で公訴権が消滅した。

    とかさ。

    納得できるはずないやん。

    ご批判は多々あるかもしれんがあえて書くわ。

    天皇家は犯罪者の味方か!?

    私はどちらかと言えば右寄り(平たく言えば体制より)の考え方だし、今の象徴天皇制ってのは思いの外うまく機能してると思ってる。

    そして今生天皇陛下のお人柄もお考えも好きだし、逆に今生天皇陛下だからこそ今の象徴天皇制という中途半端な制度が機能しているのだと思う。

    制度ありき、じゃなくね。

    だからこそ思う。

    御退位、そして皇太子殿下の御即位に際して、古くからの習わしだからといって犯罪者に『赦し』を与える事に合理性があるのか?と。

    最近、皇太子殿下や秋篠宮殿下からは御自身のお立場に関する発言も出てきた。

    『皇族の政治的発言』は基本、出来ない事になってるが、ご自身の立場やその制度に対してはある程度の御発言はしてきている土壌があるわけ。

    ならば言って欲しい。

    自身の即位に際して『恩赦』は行わない!

    と。

    だいたい恩赦や大赦ってのは天皇制を確立する過程で政敵等を投獄していたものを赦しましょうって話でしょ?

    基本、罪を自分で決めれる圧倒的権力があるが故の『赦し』やん。

    今の法制度上、行う性格のものとちゃうで。

    なんの『赦し』やねんっちゅうねん。

    それが出来るなら『恩赦』名目で徳政令出せよ。

    私みたいな金融ブラックの人間の指定信用情報機関、社内資料すべての履歴を抹消しろよ。

    出来んやろ?

    何言うてんの、この人?って思うやろ?

    おんなじやん。

    なんでこの制度が許されるのか意味がわからん。

    私は今回の御即位で『大赦』が行われたら『反天皇制』主義になるわ。
    皇族なんて日本に必要ないし、奴らに税金使う必要ない。
    そう主張するわ。

    私1人がそう言うたって意味は無いやろ。

    でも多くの国民がそう思うでしょ。

    『軍部の暴走を止められなかった天皇家』と言う反省があるなら今こそ暴走を止める時やで。

    それでこそ尊敬を集める天皇陛下やと思うわ。

    人を傷付けたり、殺めたり、騙したりした奴らに『ありがとう!』て言われてどうすんねん。
    なんの『天皇』やねんっちゅう話やわ。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    No title

    あけおめだす

    恩赦ねぇ
    まぁ夕張殺人事件のアホ死刑囚が
    これ期待して再審請求取り下げてものの見事に
    『吊るされました』という例もあるので
    死刑囚にはまず該当せんと思うが
    なんにせよ犯罪者には情け無用でお願いしたいですな
    死刑執行も『祝賀モードに水を差すので今年はなし』とか
    言われてるがそういうことされるほうが水を差すっての

    Re: 『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!

    ヴェロニカさん、コメントありがとうございます。
    残念ながら恩赦で死刑が減刑された例はあるけどね。
    でもそのほとんどはなんらかの理由があるけどね。
    犯行当時少年で、少年法成立によって恩赦とか。
    なので今回は死刑囚の恩赦は無いとは思うけど、大赦だからねー。
    ある程度のインパクトを求めた場合、前述の通り前例あるだけにわかりませんよ。
    執行の件はほんまそれ。
    即位の翌日から執行してOKやと思うけどね、私。

    いやいや、恩赦や大赦、決定するのは内閣府ですよ?そりゃ形的には陛下が承認する事にはなってるけど、そんなんそれこそ形だけのものに過ぎないでしょう。陛下が意義をはっきりと唱えたらそれは憲法に反する。
    確かに僕も「大赦」の文字を見た時にははぁ??ってなったけど、ちょっと怒りの矛先間違ってないです??

    Re: 『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    知ってますよ、それくらいは。
    と言うかそれは知らん奴おらんでしょ。
    その前提での話。
    恩赦が行われる根拠が天皇即位にあるのならば天皇制なんていらんでしょ。
    でもそれを止めれるの誰よ?
    天皇陛下か皇太子殿下の談話で自分の退位(もしくは即位)の際に恩赦は行わないで欲しいと言う以外に止めれると思う?
    決定してるのが自分ならば自分で止めればいい話。
    でもそうじゃなく、自身を出汁に間違ったことが行われていると思うのならば発言してもええやん。
    日本全体に天皇陛下の御威光や陛下に対する尊敬があるからこそ、即位に際して恩赦をしようと言う発想になるんやから、それを止めれるのは本人しかいない。

    僕はそうと思わないです。皇族には決定権はもちろん、それに異議を唱える権利すら憲法で明確に認められていない。最近の皇族の「踏み込んだ」発言を、僕はヒヤヒヤしながら見ています。あれでギリギリ、精一杯でしょう。
    もし本心で大赦を止めたいと思うのなら、その気持ちは実質的な決定権を持つ行政府、内閣に向けるべきでは?という話です。
    感情の問題じゃないんですよ、制度、法律の問題なんです。その下で何処に物申すか、という話をしているつもりです。

    No title

    いつも楽しみに訪問してるものです。
    自分もしんさんと同じく緩やかな右よりと思っていますが、そのような事が現実になったら自分も考え方変わると思います。絶対に恩赦は反対です。

    Re: 『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    まぁ根本の考え方が違うので無理もないんですけど、私自身は天皇陛下を法で持って定めていること自体に違和感があるからね。
    理屈ではゼロさんの言うてるのはわかるし、その通りやと思うけどね。
    最終的に『恩赦を行わない』って決定は行政府がやる事になるし、恩赦自体を法で持って無くすのならば立法府の仕事やし。
    でもなぜ理屈に合わない恩赦をするのか?って部分には私と同じような考え方があると思うんですよ。
    法以前に日本は天皇陛下の国やって考え方がね。
    だからそれを止めれるのは陛下以外にいないって事になる。
    ま、私は護憲派でも無いしね。
    前にも書いたけど今の憲法は天皇陛下の在り方すら矛盾があるって思ってるからね。

    Re: 『大赦』をやるなら『徳政令』を出せよ、ボケ!

    あちゃさん、コメントありがとうございます。
    陛下や今のこの国を好きやからこそそう思うんですよね。
    やっぱり最後の最後は陛下が決断するしか無いと思ってしまってる部分があるんでね。
    法的には言うてる事おかしいとしても、そこは信条の問題やからねー。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん