FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 負けてしまった…

    負けてしまった…


    流石に厳しいか…。

    横綱稀勢の里、今日の負けで初日から3連敗。

    相手が御嶽海、逸ノ城、栃煌山と実力者続きとは言え、それ以上の実力者であるべき横綱やからなぁ。

    まぁ私個人的にはそんなに好きな力士ではないんだけどね、稀勢の里。

    どちらかと言うと捌き崩しの技術に長けた格闘系の力士が好きやから。
    代表格は朝青龍。

    稀勢の里はどちらかと言えば技術よりも力で圧倒するタイプだもんね。
    特に左を差せば強い。

    その分、その力が通用しなければ脆いし、力を常に出し切るためには精神的な安定感も必要だしって感じで弱点も多い力士。

    今みたいに力も出し切れない、精神的にも追い込まれて厳しいってなるとなかなか難しいよね。

    技術で誤魔化すことが出来ないから。
    もともと左右の動きとかあんまりないし。

    どっかで開き直りゃいいのにね。

    『番付が落ちない横綱だからこそ勝てなくなるとケジメをつけなければいけない』って意見が大半だけど、別に明文化されてるわけでも無いんやからさ。

    『いくら負けても番付は下がらないんだから自分の納得するまで地位にしがみつき相撲取り続けるで!』って。

    だいたいさ、基本的には2場所連続優勝(もしくはそれに準ずる成績)が昇進基準のところを無理から横綱にしたんだから。
    初優勝前の場所は準優勝っても優勝した鶴竜と星2つ差があるからね。

    これが外国人力士なら絶対に横綱にしてないから。

    その決断をした横審や協会が今になって敵に回るのはおかしな話やで。

    『その当時の横審の委員、全員辞任するから引退してください、お願いします。』くらい言うならわかるけどね。

    一昨年の日馬富士の件、それに続くモンゴル勢へのバッシング、そして稀勢の里への不当な贔屓と続いてほんま相撲見るの嫌になってきたわ。

    相撲好きの私でも。

    『競技』なのか『伝統芸能』なのか、ええ加減はっきりせんとあかん時期に来てるんかもしれんね、大相撲は。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん