FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 引きつけて、引きつけて、刈り取る

    引きつけて、引きつけて、刈り取る


    空手の技術の中に『捌き、崩し』ってのがある。

    相手の攻撃を捌き、そしてその力を利用して崩す。

    有名なのは喧嘩十段と言われた芦原英幸先生が起こした芦原会館や二宮城光先生の円心会館。

    護身術や制圧術としての空手としては1つの到達点だと思う。

    相手の攻撃を捌いて崩す為には、攻撃をギリギリまで引きつける必要がある。

    例えば顔面へのフック系の打撃を捌く為には相手が拳を振り切る寸前でかわし、その肘を押してやる。

    すると相手は自身の打撃の威力以上の力を回転力に加えられることによって回り過ぎて体勢を崩す。

    が、この技は相手の打撃が起こり始めたところで肘を押そうとすると逆に呼び込む形になるし、大きく空振りした後に出しても返しの打撃を食うだけ。

    非常に難しい。

    ただし力量差がある相手には難しさを感じないくらいくるくると回される。

    技術を身につけるには打たれる寸前まで引きつける感覚を養う為にかなりの痛みを伴う。

    ま、やられてやられて感覚をつかむのよね。

    上手い人でも失敗すると打たれちゃうからね。

    ギャンブルの世界ってのはそれによく似た現象が起こると思うんですわ。

    私が愛読するブログの1つ、30歳無職の借金1000万返済ブログ

    この主人公たけしが見事なまでに『引きつけて刈り取られる』例を示してくれた。

    私は正直、このブログで攻撃した人間の中でたけしだけは認めてる。

    ある意味ね。

    彼は私には出来ないことを本当にやる。

    他の奴らとは違う。

    同じカスではあるけども、『お前に俺と同じことができるのか?』と問われると答えに窮する。

    まぁ実家暮らしで衣食住が保障されてるから出来る事ではあると思うけど、同じような実家暮らしで自分を大きく見せたいタイプのブロガーでもたけしのように突き抜けたことはできない。

    3ヶ月20kgダイエットなんかをみてもわかるようにね。

    と言っても『ある意味』認めてるだけで性格の悪い実家寄生のクズ債務者だとは思うんだけどね。

    そんなたけしが大儲けをした翌日にそれを超える損を食らった。

    まぁ見事。

    恥を捨てて言えばたけしが50万儲けた時は私もビットコインFXについて調べた。

    あんなアホが勝てるギャンブルなら俺も勝てるかも、と。

    が、少し調べ、彼の値動きと照らし合わせてわかった。

    彼は育てられてる、と。

    チャートを調べると一方向への読みがたまたま当たった勝ち。

    これが逆であれば最初から負け、そこで退場したんだろうが、相場的にはいかにも上がりそうな雰囲気を醸し出した相場だった。

    エセ専門家ほど罠にかかる動き。

    案の定、相場の読みはあたり大儲け。

    そして案の定、調子に乗る。

    素人が『この勝ちは甘い。ここで兜を絞め直さねば』なんて台詞を吐くときは完全に浮かれている時。

    そして罠にかかってるとき。

    私は長いギャンブル人生でそれを感覚的に知っている(が、自分がそうなるとわからない)。

    実は大勝を無邪気に喜ぶ奴ほどそれが『運による勝利』だとわかっていて罠にハマらないんです。

    『どーだ、見たかアンチども!ぼろ勝ちやで~!最後まで見守れよ!』くらいの勢いならまだわからなかったんだけどね。

    でもそのタイミングではいつ刈られるかはわからない。

    てかそれがわかるならば私は勝ち組の方にいるし。

    でも多分、たけしの才覚(いわゆる凡人)であれば早晩刈られるであろうことは予想していた。

    まさか翌日とは思ってなかったけど。

    思うに、仮想通貨FXのように極めて流動性の高い相場だとたけしや我々のような素人はあっさり刈られる。

    じゃ刈られない為にギリギリまで引きつける訓練をすればどうか?

    そう思うかも知れませんが、それは

    貧乏人には出来ない!

    前述の空手の話にあるように、引きつけるための訓練は『痛みを伴う』

    相場やギャンブルならば、それは取りも直さず『金を失う』

    実は打たれて初めて覚える技術を身につける為には打たれても壊れない体を作る必要がある。

    その為に空手であれば色帯の間は地道な基礎体力作りや致命傷を負わない体捌き、足運びと言った地味な訓練を繰り返す。

    昇段の10人組手は根性を試す試練ではない。

    フレッシュな実力者が10人連続でかかってくる試練に対して、いかに耐えれる技術をつけるか?

    それが大事。

    我慢しろとは言うてない。
    てかそれなら体丈夫な奴が黒帯って事になるしね。

    でもその技術を身につけるまでに打たれまくるわけやからね~。

    健康な体がないと難しいのよね。

    それが相場やギャンブルとなると健康で丈夫な体=資金力ってことになるわけよ。

    打たれても打たれても耐えれる力。

    そして技術を身につけた暁には引きつけて引きつけても反撃できる力。

    それが必要。

    50万の負けを自ら呼び込み100万を刈り取る。

    それは『50万くらいいっかー』と思える資金力がないと出来ない。

    刈り取る技術を得る為にはもっと。

    だから貧乏人のギリギリのギャンブルは負ける。

    『金に余裕があるから精神的余裕につながり強いんだ!』とか『もともと才能のある奴は強運を持ってるから強いんだ!』なんて考え方があるけど、違うと思う。

    金に余裕もあり、才能があっても、それを生かす訓練を出来る程の金の余裕や才能がなければ負ける。

    半端な運や資産では負けるのよ。

    私自身、書いてて夢ないと思うよ。

    でもそれは現実。

    持たざる者と持てる者、実はギャンブルや相場ほど差が出てしまう。

    それならば努力したり我慢して、地道に這い上がる方がええのよ。

    しがないサラリーマンでも派遣社員でも良いからさ。

    一発逆転

    一撃必殺

    こんな言葉ほど甘美で危険なものはない。

    努力

    我慢

    屈辱

    そんなカラい言葉にこそ未来があるんよね。

    私はこんな勉強になる姿、自分の身を切ってできる才覚ないわ。

    そう言う意味では凄いと思うよ。

    ま、アホやと思うけどね、たけしw

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村




    コメントの投稿

    Secret

    読んでて今日は特に納得した。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん