FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 家庭の事 > 超えられちゃったんじゃないの?

    超えられちゃったんじゃないの?


    昨日、接待で御得意先と呑んでた時に興味深い話になった。

    その人の父親は柔道3段のツワモノだったらしい(ただし話が大きい人なので真偽は怪しいw)。

    子供の頃の父親は『いつでもかかってこい!』的態度で、実際反発しても投げられ締められボコボコにされたと。

    しかし、子は成長し、親は老いる。

    ある時、思ったらしい。

    あれ?ひょっとして勝てるんじゃねぇの?

    と。

    実際、挑んで勝ったわけじゃないからホントに勝てたかはわからない。

    でもそう感じた瞬間、父親は反発する対象では無くなったとのこと。

    その話を聞いて、激しく同意した。

    私も父親がキョーレツやったので子供の頃は本当に怖かった。

    が、ある時、『あれ?勝てるぞ』となった。

    それがどの瞬間かは明確には覚えていない。

    が、その瞬間は確実にあった。

    そしてその時に、父親はぶつかり、跳ね返される『超えられない壁』ではなくなり、孝行すべき『親』になったような気がする。

    うまく言えないけど。

    父親に対する畏敬の念は変わらないけど畏れよりも敬う気持ちが強くなったってかね。

    実は、この話で一番気になったのは私と父親の関係じゃない。

    私と息子の関係の方。

    最近、なんとなく私へのあたりが優しくなったってか可愛がられてるってかそんな感じなんよね~。

    なんとなくね。

    前は力に対する恐れ?遠慮?憧れ?そんな感じの感覚を持ってるんやろうなって感じやったんですよ。

    それが薄くなったような。

    ひょっとして…

    超えられてる???

    それは単純な意味での力だけじゃなく、社会経験なんかからも来るのかもしれんけどね。

    でもこうなってくると悔しいよね。

    だって、小さい時から育てて、成長を喜ぶって立場じゃないもん、私。

    それよりもこれからは同じ男としてライバル視していかないとあかんって感じ。

    まだまだ老け込む年でもないもんね。

    あと10年は負けへんでw

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村

    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん