FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > ま、『幸せな国』とは言えんよな

    ま、『幸せな国』とは言えんよな



    『世界の幸福度ランキング』ってのがあるらしい。

    今日、そのランキングの2019年度版が発表された。

    日本の順位は156カ国中58位

    真ん中より上なのでそんなもんか~って思うかもしれませんが、この順位ってのは物凄く低い。

    あり得ないくらい低いって言っていいと思う。

    まず、世界156カ国のランキングなので、その大半は発展途上国や貧困国。

    それぞれの国民に幸福度を評価してもらったデータに加えてGDP、健康に生きられる余命、寛容さ、社会的支援、人生を自由に選択できる度合い、腐敗度なんかを加味して幸福度を測っているので、当然途上国や貧困国は低くなる。

    対して日本はGDPや平均余命ではかなり高く評価されるわけで、そんな要素がありながらの全体58位は『物凄く不幸な国』と評価されてるって事になると思う。

    ちなみにG7(先進7カ国)の順位がどうかと言うと

    カナダ:9位
    イギリス:15位
    ドイツ:17位
    アメリカ:19位
    フランス:24位
    イタリア34位


    そして大きく離れて

    日本:58位

    先進国中では最も、そして極端に不幸な国。

    その不幸度は韓国やロシア並み。
    中国とも大して変わらない。

    特に『人生の選択肢の自由度』と『寛容さ』が低く評価されてのこの結果らしい。

    まぁそうよな。

    昨今の話題を見てもそうなるわな。

    破産者マップの件にしても、ピエール瀧の件にしても。

    一度失敗した奴の再起はとことん邪魔する。
    生まれや容姿で極端に差別する。

    底辺は更に底辺を探して安心し、上に抜きん出る奴やそうしようとする奴を極端に嫌う。

    ネットの匿名社会になって日本人の本性が如実に見えてきた気がする。

    人に対して不寛容に生き、他人の足を引っ張る社会。
    それが国際社会の日本に対する評価なんやろね。

    日本ってのはある意味、社会主義みたいな国やもんなぁ、国民性的には。

    落ちる奴も上がる奴も許さない。
    集団や多数派の価値観こそ正義ってとこあるもんね。

    まぁそれが戦後の復興期には良い方に作用したのは間違いないけどね。
    集団が同じ目的に向かって進む時にはこれほど都合のいい考え方ないわけやからさ。

    でもある程度、社会が成熟して個人の幸せをそれぞれが追求していくようになるとその集団心理が邪魔になるんかもね。

    だからと言って北欧に移住したいかと言われるとそんな願望まるでないけどさ。
    日本好きやし。

    好きやからこそ今以上に生きにくい社会にはなって欲しくはないわな。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村






    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん