FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 殺害予告なんて『こんにちは』と大差無いだろうな

    殺害予告なんて『こんにちは』と大差無いだろうな


    ゲームに金をつぎ込んでもアイテムが当たらないからって殺害予告をメール送付した男が逮捕された。

    正直、『何でええ大人がゲームのアイテムくらいで』と思う。

    が、結局のところ、構図的にはギャンブルと変わらんらしい。

    レアなアイテムを当てて感じる優越感、全能感を求めてどんどんつぎ込んじゃう。

    そしてそれを提供する側は射幸心を煽って金を使わそうとする。

    これ、ゲームのアイテムだから『絶対金返ってこねぇのに』って思うけど、基本的にはパチンコでも競馬でも一緒やもんね。

    絶対負けるんだから。
    トータルで考えりゃ。

    そりゃ個人で偏る事はあるとは言え、よ。

    トータルで利用者の方が負けなければ商売として成り立たないからね。

    トータルで負けてる集団の中で『俺は勝ってる』って誇る奴が居てるって話なだけだから、『俺はレアなアイテム持ってる』て言うてる奴がいる集団と同じって事。

    結局のところギャンブルもソシャゲも『人より有利に立ちたい』、『人を見下したい』ってところに欲求が生じるんじゃなかろうかと思ってる。

    金が欲しい、アイテムが欲しいでは無くね。

    で、その世界に居心地の良さを感じてしまったら依存症一直線って感じ。

    それは勝ってても負けてても、レアアイテムを持ってても持ってなくても関係なくね。

    まぁとにかく、ガチャとギャンブル、特にパチンコは似てるといわれる。

    が、やはりリターンに金が絡む分、パチンコの方が苛烈ではあると思う。

    となると、マルハンの韓社長なんて殺害予告の一つや二つ、日常茶飯事なんだろうな。

    もう挨拶と大差無いレベルで。

    口に出さない感情まで計算に入れたら『こんにちは』や『おはよう』、ましてや『ありがとう』なんかよりも確実に『◯ろすぞ』が上回るんとちゃうかな~。

    ま、中々口に出す奴は少ないんかも知れんけど。

    私は恥ずかしながら、破産前はよく口に出してたけどね。
    初代北斗にハマってた時、店員が後ろ通ると連チャンが終わる気がしてさ。

    『ボケ!俺がかかってる時後ろ通るな!ぶっ◯すぞ!』とか言うてたもんな。

    もう被害妄想入ってくると重度の依存症だけどね。
    そんな自分がいた事は事実だから。
    情けない話。

    こうなってくると私と冒頭のにーちゃんは大差無いわけでさ。
    パクられたかパクられなかったかの違いだけで。

    ま、人より有利に立ちたいってのは人間の本能に組み込まれてる感情だからね。
    人間だって動物なわけやから。

    それを闇雲に煽って、誰も幸せにならない結末に向かわせるって商売はあんまりしたらあかんよな。

    幸せを射止めるっつても『その幸せってなんなのか?』を考えんとあかんわな。

    ギャンブルで勝った金で幸せになれるんか?

    ゲームのアイテムを得ただけで強くなれるんか?

    そこが大事なんやと思いますわ。

    ま、金に色は付いてないわけやから、どんな金でも入ってくりゃ幸せではあるけどね、私はw

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん