FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 仕方ないから働くか

    仕方ないから働くか


    ブログを書く時、私はいつもタイトルから考えて書く。

    『そんなやつはいねぇ』と自信満々に言い放っていたブログがあったような気がするが、それを読んだ時、『こいつは自分のせっまい世界の中でしか物事を考えれない奴なんだな』と思った記憶がある。

    どのブログだったのか忘れたけど。

    とにかく私はタイトルから考える。

    書きたい事をタイトルに込める訳だから、タイトルさえ思いついたら何と無くは書ける。

    面白い面白くないは別にして。

    今日もまず、タイトルが頭に浮かんだ。

    タイトルが浮かぶと次はアイキャッチの画像を探す。

    たまにいいのが無ければタイトル自体を変えちゃう時がある。

    今日も探していると冒頭の演劇ポスターを見つけたって訳。

    しかしまぁ、みんな考える事同じだね。

    ここまでズバリであるとは思わなかったからさ。

    仕事にやりがいを感じる、仕事してる時が1番輝いてる、仕事こそ我が人生…。

    就職活動中なんかはそんな『仕事=生きる証』的な考えに毒されてしまう。

    そして毒されたまま入社し、毒が抜けないやつほど出世するもんだから日本的な社畜労働が出来上がったんだと思う。

    しかし最近は時代が変わり、若い人中心に毒が抜けるのが早かったり、そもそも毒に侵されない連中が増えてきた事が『働き方改革』なんかに繋がってるんだと思うのよね。

    基本的には政府、もっと言えば体制側からすれば被支配者層は従順で無理が効く方がいいに決まってるんだから、政府主導で働き方改革を進めるなんてのはやりたくないはず。

    実は大して優秀ではない日本国民が世界に伍する経済力を獲得してきたのは他に例を見ない社畜労働の成果な訳だし。

    しかし前述のように盲目的にそれを是とする層が減ってきてはそうもいかないってとこでしょう。

    そのカウンターウエイトとしての非正規雇用や外国人労働者の受け入れなんだろうけどね。

    ま、なんにしても多くの人は仕事なんて『仕方なく』やってる訳だ。

    なので仕事に生き甲斐ややり甲斐を感じなくても全く問題ないしカッコ悪くもない。

    が、多くの人が『仕方なく』『嫌々』でも我慢してるものから自分だけが逃げるのは問題だしカッコ悪い。

    ましてやそうやって逃げた先で人様の世話になって生きるのはさらに、ね。

    なので私は『仕方なく』明日電車に乗り、『嫌々』働く。

    それでいいじゃんw

    ま、金もないしな。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村






    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん