FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 馬じゃないんだからさ…

    馬じゃないんだからさ…


    新天皇の即位に伴って『女性天皇、女系天皇』の議論が盛り上がってる。

    まぁ実際問題として、今の男系継承を守った場合には悠仁様以外に実質皇位継承者はいないわけだからね。

    常陸宮様は御高齢だし、秋篠宮様だって今上天皇と6つしか変わらんわけだから。

    一時、秋篠宮様が継いだとしても問題の本質自体には変化ないもんね。

    確かに天皇が神であった時代であれば連綿と続く男系の御血筋を絶やすような議論にはならないと思う。

    だって神なんだからさ。

    人権なんてない。

    なので血を残すためには側室を持っても良いし、意に沿わない相手と結婚して子をなしても良い。

    そしてそれを国民が望むのも、まぁ理にかなってる。

    でも今の天皇陛下は『神』ではないでしょ。
    1946年の昭和天皇の人間宣言を経てるわけでさ。

    そうなってくると話は別だと思うのよね。

    男系派の人達は『女系だと伝統が壊れる』と言うけど、それは男系継承の伝統が壊れるだけの話で、なぜそれが悪いのかは説明できないんよね、実は。

    『父親を辿ると神武天皇に行き着くのが重要だ』って言うても、なんで父親を辿ることが重要なのかは具体的には説明できない。

    『ずーっとそうしてきたから』以外には。

    その割にゃ『男系継承の重要性を勉強しろ』なんて抜かしやがる。

    だから勉強してやるから教えろよっつても『ずーっとそうしてきたから』としか言わない。

    堂々巡りやん。

    女系で継承したとしてもある時は父親、ある時は母親を辿れば祖先には行き着くわけでさ。

    ちょっとややこしいけど皇族ともなれば家系図はちゃんと残るわけやし、さして問題ないと思うけどね。

    さらにわからんのは『女性天皇は良いが女系天皇はダメ』ってやつ。

    いや、それやっても結局は悠仁様のところに子供が産まれなければどのみち行き詰まるんだから意味ないやん。

    極端な奴になると『愛子様が女性天皇として即位して、旧宮家の男性と結婚すれば解決』とか言う。

    いやいや。

    だから『人間』だからね。

    なんでお前らの希望だけで結婚相手限定されなあかんねん。

    だいたい男系派の人は大事なこと忘れてる。

    不妊の原因は男にある場合もあるからね!

    そうなってくるとやで。

    もし今のままの男系、それも旧宮家の皇籍復帰とかも無しで行くなら『子が望めない天皇』が出た場合にどうすんのよ?

    『男子を産めない』といって女性だけを責める考え方は前近代的すぎるで。

    まぁだからといって私も即座に男系継承を棄てるべきやとも言いきらんのやけど。

    でも旧宮家の皇籍復帰ってのもなー。

    それなりに突飛な感じするし。

    何が心配って悠仁様の将来の結婚相手が不憫でさ。
    今のままの制度やと。

    人が不幸になっても守るべき伝統なのか否かって事。

    何か変えた結果、『尊敬できない皇室』になったとしても本人達が幸せに生きれるのが一番なような気がしてさ。

    もう、こっそり人工授精でいっぱい子を作ってもらうしかないかもね。

    側室もダメ、女系もダメ、旧宮家の皇籍復帰もダメってなったらね。

    ワードプレス、不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん