FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 僥倖っ…

    僥倖っ…


    カイジの実写映画第三弾が発表された。

    カイジ役はお馴染みの藤原竜也。

    なかなかに楽しみだ。

    この『カイジ』、ギャンブラーにはバイブルのような作品で、非常に人気がある。

    私も大好きで、全話キッチリ読んだ。

    とても面白く、また独特の福本語録が読むものを引きつける。

    が、一方でこの作品、とても危険でもあると思ってる。

    主人公のカイジは借金まみれで特になんの取り柄もないダメ人間って設定。

    そう、君達私達と同じ。

    だから感情移入しやすい。

    そんな『ダメ人間』が命を削るようなギリギリのギャンブルを繰り返し、最後に勝って大金を得る。

    簡単に言うとそんなストーリー。

    最初の設定が感情移入しやすい分、逆転を賭けた勝負に引き込まれ、ついつい『ひょっとして俺も』と思ってしまう。

    なにしろ重ね重ね言うが、カイジの設定は我々と同じ『ダメ人間』なんだから。

    カイジは俺で、俺はカイジだ。

    そう思っちゃう。

    これが危険。

    カイジは最後には必ず勝つ。

    なぜなら漫画だから。

    主人公だから。

    カイジが鉄骨から敢え無く落ちちゃったら連載は終わるし、素っ裸の四つん這いで這いずり続けたり、地下労働で淡々と何十年も過ごそうもんならお話を維持できない。

    だから必ず逆転するし、必ず勝つ。

    と言う事は

    カイジは俺じゃ無いし、俺はカイジじゃ無い。

    物凄く当たり前のように見えるでしょうが、その気づきが無いからこそギャンブル依存の多重債務者なんだとも言えるわけでね。

    借金ブログを書く人間の中でもこのカイジの画像を好んで使う人の有り様を見ればよくわかると思う(ま、私もちょいちょい使ってるけど)。

    頭では『あれはマンガだ』とわかってはいても心が引っ張られてる。

    パチンコでちょっと勝ったくらいで『僥倖っ…』とか言っちゃったりする。

    そうなるとあの漫画や映画は自分自身を肯定する為の『悪魔の書』と化す。

    でも実際は私たちはカイジじゃ無い。

    私達は鉄骨から落ちていくオッチャンであり、地下労働所で月一のビールを楽しみにする名も無き労働者(もちろん班長ですらない)。

    でもまぁ、漫画読んでそんな一コマくらいしか出てこないキャラクターに感情移入しないからね。

    となるとカイジに自分自身を重ねてしまうような状況だと見ないに越した事は無いんかもね。

    完全なる別世界、フィクションの世界と思って見れる状況じゃなきゃね。

    福本語録も本気で人生の教訓にするなんてのは危険なんやろね。

    大なり小なり、都合のいいように解釈するんだし。

    ま、そうは言うても面白いもんは面白いし、ついつい見ちゃうんだけどね。

    ワードプレス、一年に2回くらい更新します!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村



    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん