FC2ブログ

    ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 『自己都合退職を促すスキーム』から『低賃金カルテル』の合わせ技

    『自己都合退職を促すスキーム』から『低賃金カルテル』の合わせ技


    無駄に長い名前になった『損保ジャパン日本興亜』。

    もう『日本』て二回言っちゃってるしね。

    そんな斜め上を行く会社のリストラもまた斜め上。

    余剰人員4,000人の削減を目指してるらしい。

    それに関連してYahooニュースで面白い記事を見つけた。

    損保ジャパン4000人削減「介護へ転属」の深層と、この社会のバグ

    この記事、私的にはマジで興味深く面白かった。

    損保ジャパン日本興亜のクソな『自己都合退職スキーム』と介護という職に対する漠然とした職業差別を実に的確に書いていると思う。

    特に介護職に対する我々が抱いている漠然とした認識と問題を表した一文には大きく頷いた。

    以下引用

    つまるところ、介護は「だれでもやれるような仕事」であり尊重されず、また同時に「だれもがやりたがらない仕事」であるがゆえに、「だれもやりたがらない仕事をあえてやっているような人は、きっと能力の低い人なのだから、そんな人の技能には高い賃金を支払わなくてもよい」――という理屈が導出されているのではないか。



    この問題は絶対に社会には必要な仕事であるにも関わらず、低賃金と低ステータスに甘んじざるを得ない職業全てに言えるんじゃないか?

    思えば酒井法子の『今後は介護職を頑張りたい』発言もこのロジックに基づくものでしょうし、復帰後の『介護職はどうした』バッシングも同様でしょう。

    共に『介護職』を金銭的に全く美味しくない上に大変な懲罰的な職業であると捉えているが故にそういう発言、そういうバッシングに繋がるんだからね。

    逆に介護職がステータスも収入も非常に高い職であれば、ノリピーが『介護で頑張りたい』というた時には『甘えるな!芸能界の次は介護か!美味しくカッコいい仕事ばっかり選びやがって!』になるだろうし、芸能界復帰の際には『やっぱり介護職なんて勤まらないよな!芸能界レベルで我慢しとけ!』てな非難になるでしょう。

    私、資本主義経済システムの1つの問題点はここやと思うのよね。

    『誰もがやりたがらないけど誰かがやらないといけない仕事』を忌避し蔑むところ。

    ここに社会的な悪っつーか膿が溜まると思うねん。

    まぁ当然、為政者はそれを分かっているから税金を用いた所得の再配分の際に考慮する訳だけども、やり方も悪いしやってる量も足りてないからこうなってると思うのよね。

    例えば介護職や原発作業員みたいな仕事にはもっと直接的な資金投入が必要ちゃうんかなー。

    それも事業者に対してではなく、被雇用者に直接ね。

    賃金を上げると当然サービスの単価も上がってしまう。

    そうなると介護受けるべき人が高額すぎて受けれなかったり、原発作業に人集まらなかったり脛に傷持ったやつしか来なかったりする訳やん。

    それでは本末転倒なので、賃金上昇を事業者負担にしない。

    事業者自体はあくまでも今まで通り低賃金で人を雇えるようにする代わりに、税金で給料を補填するわけよ。

    いや、今もそうなってるのは知ってるよ。

    でもそれは全て事業者を通じてやん。

    その結果の低賃金なわけだから、被雇用者に直接金を補填するねん。

    まぁ申込とかはめんどくさくなるけどさ。

    事業者が月給17万で介護ヘルパー雇ったら、その介護ヘルパーは会社から17万、国から17万振り込まれるって具合にさ。

    原発作業員でも『危険手当』って下請、2次下請、3次下請…って中抜きされていって作業員に渡るのは僅かって言うやん。

    それを直接払うねん。

    いや、めんどくさいし事務作業はめっちゃ増えるんかもしれんけど。

    でも3次、4次、5次と下請降っていけばナンボかでも今話題の『反社』が絡むんやから。

    てことは税金でヤクザ養うようなもんやん(てかそう言うもんだけどね、ヤクザって)。

    それよりゃマシじゃない?

    介護も福祉も同様よ。

    事業者にくれてやるシステムにすると大なり小なり絡んでくるからな。

    それでは『人がやりたがらない仕事をあえてやってくれる人たち』の賃金もステータスも上がらないからさ。

    資本主義経済システムってのは賃金が上がれば勝手にステータスも上がるから。

    逆に言えば賃金が上がらなければステータスだけが上がることはあり得ないんだしね。

    こういう『人がやりたがらない仕事をあえてやってくれる人たち』の不足を安価な外国人労働者に頼ろうなんて施策は愚の骨頂だと思うのよね。
    冒頭の記事にあるような職業差別をより深くし、さらには人種差別に繋がりかねない施策。

    『きっと能力の低い人』の後に『もしくは貧困国の外国人』ってつくだけの話でさ。

    介護職のような仕事に高い賃金とステータスを付与していくことで今回の損保ジャパン日本興亜みたいな『自己都合退職を促すスキーム』を機能しなくできるしな。

    もうすぐ参議院選挙もあるし。

    労働政策1つとっても色々と考えて見極めんとあかん事って多いと思うのよ。

    ま、政策に納得できる政治家って居ないのが辛いところやけどねw

    ワードプレス、一年に2回くらい更新します!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓



    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村




    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん